ブライダルリングについての情報が満載です!

このサイトではカップルの絆の証ともなるブライダルリングのケースにも、こだわりを実は持った方が良いことや、リングも重ねづけする人が増えていること、おしゃれなデザインやお店で販売員に相談出来ること、人気のハイブランドについて紹介してます。
思いを込めておくる結婚指輪は選ぶときはかなり真剣ですが、それを収納する箱についてはあまり深く考えない人が多いです。
大事な指輪を入れる大切なもので、その役割なども確認しておいたほうがいいです。

ブライダルリングのケースにもこだわりを

ブライダルリングのケースにもこだわりを ブライダルリングがケースに入っている理由は大事な指輪に、傷や汚れが付かないために保管するもので、他にジュエリーボックスがあっても他のアクセサリーなどと一緒にしないで、ブライダルリングだけは個別の箱へ保管するのが一般的です。
結婚という特別な意味を持っているだけでなく、引っかけたり傷つくデザインなど他とは違う特別な扱いをしたいという考えがあるようです。
理屈だけ言えば箱のデザインや品質などは関係ありませんが、人の気持ちは合理的ではなく指輪でもあわせて高級な感じのするものの方が気分もあがります。
特に手渡すものだと重要で、特別な思いを込めて贈るブライダルリングなのでデザイン性に優れていて高級感があれば格調も高くなり、上品で魅力的に見せます。

ブライダルリングを選ぶならスワロフスキー

ブライダルリングを選ぶならスワロフスキー 女性にとって人生で最大のプレゼントは何といってもブライダルリングを男性からもらうことでしょう。
そのブライダルリングも人によって好みがあり、どんな指輪を自分が愛する女性に贈るか、男性にとっては迷うものです。
そんな時はぜひ世界的に名高いスワロフスキーのブライダルリングを贈ってみたら如何でしょうか。
周知のとおりスワロフスキーのジュエリーは有名で知らない女性はいないだけでなく、そのジュエリーは女性の憧れの的です。
その結婚指輪を妻となる女性に贈れば、彼女が喜ぶことは間違いありません。
光輝くリングはデザインも魅力的なものばかりで、種類も豊富でどれを選んでいいのか決め難いです。
ペアリングも予算に応じて高価なものからお手軽価格の一万円以下のものでも取り揃えています。
この他にスワロフスキーではリングを購入すれば、無料で刻印してくれるサービスがあり、これを利用しない手はありません。
自分やパートナーのイニシャルや好きな言葉など選んで刻印してもらいましょう。
一生に一度の高い買い物は慎重に、いつまでも記念に残る素晴らしいものを選びましょう。
よいブライダルリングを手にはめていると幸運を呼び込み、良き人生となることでしょう。

ブライダルリングで失敗しないためのポイントは

ブライダルリングは一生に一度の記念にもなるものですから、選ぶ際に必要なポイントは耐久性やデザイン性における使いやすさ、長く身に付けることを想定しての飽きのなさなどが挙げられます。
熟考し納得した上で決めないと、後々不満が出てきたりやはり違うものにしていればと後悔することも出てきますので、まずはよく吟味して選ぶことが重要です。リングの幅や高さ、ストレートなのかカーブがかかっているか、ダイヤの有無や大きさや数など、わずかな違いでも印象が変わってきます。ブライダルリングをこの先どのように扱うのか、毎日使用するのか特別な時だけなのかなども想定して決めるといいでしょう。長く使い続けたいなら、サイズが合わなくなった場合でもサイズ変更がしやすい、定番の地金のリングや一粒ダイヤのリングが向いています。重ね付けもしやすくアレンジも簡単です。たとえ定番のスタイルではなくても、お気に入りのものは大切にするので愛着がわきます。ご自分が本当に好きだと思えるブライダルリングを選ぶことが重要です。

ブライダルリングの男女のデザインについて

結婚する二人にとって欠かせない存在と考える人も多いのがブライダルリングであり、二人の愛の証でありパートナーがいることを周囲に知らせる意味も持っています。
一昔前はブライダルリングは男女のデザインが同じものが一般的とされていましたが、近年では男女のデザインは異なっているものも珍しく無くなっています。男性と女性が異なるデザインのものを好むケースは珍しくなく、中には全く違うデザインの指輪を選ぶ人も多いです。しかしリング足して共通点を作ることで、ブライダルリングとしてより愛着も湧くのではないでしょうか。二人の指輪を合わせることにより一つのデザインになるものなど、選択肢もかなり多くなっています。もちろん販売しているお店やブランドにより選べるデザインや料金など、異なる点は多々あるのでしっかり比較して選ぶことがポイントとなってきます。近年では手作りをする人も増えており、よりデザインも自由度が高くなっています。

ブライダルリングのフォルムはどんなものがお薦め?

結婚や婚約の予定が具体的になってきたら、今度はブライダルリングの準備です。近頃はいわゆる普通の結婚式を挙げない若いカップルも、目立ってきました。近頃の若者はコストパフォーマンスを重視したり、シンプルでミニマムなライフスタイルを好む傾向があり、それは結婚という一大ライフイベントの際にもあらわれます。挙式にこだわらず、その費用をブライダルリングの製作に充てれば、より満足行く指輪作成が行えるでしょう。ブライダルリングの製作はまさに人生に一度きりの重要なイベント、普段は節約志向の方もそこは奮発しておきたいところです。
ブライダルリングのフォルムをどうすべきか、迷った時はとりあえずシンプルで飽きが来ないデザインの物を検討してみましょう。結婚後、文字通りいつも身に着ける指輪になるので凝ったデザインの物より、良い意味で飾り気のない簡素な雰囲気の物にした方が飽きずに使い続けられます。少しデザインに個性が欲しい場合は、ひねりを加えたフォルムにしたり、ワンポイントの意匠を施す等、ちょっとしたアクセントをプラスしてみましょう。

ブライダルリングを購入する時の注意点とは

ブライダルリングは純潔や純粋をイメージする純金製や、純白に近い純銀製が人気です。しかし毎日付け続けるため、リングの表面に細かい傷が付いてしまったりすることもあります。
純金製や純銀製のブライダルリングは不純物が含まれていない分、傷が付きやすかったり変形したりすることに注意しなければなりません。純粋なイメージを優先させるよりも、金75パーセントに対して銀を15パーセントと銅を10パーセント配合したイエローゴールドや、金75パーセントに対して銅を18パーセントと銀を5パーセント、パラジウムを2パーセントの割合で配合したピンクゴールドがおすすめです。どうしても純白にこだわるなら、金75パーセントにたいして銀15パーセントとパラジウム10パーセントを配合したホワイトゴールドが純銀製のブライダルリングにとても近くなります。
これらのイエローゴールドやピンクゴールドやホワイトゴールドなどの合金は純粋でない分、傷や変形に強く長くブライダルリングを付け続けることに適した金属です。

プラチナだけじゃない!ブライダルリングの素材の種類

ブライダルリングの代表的な素材の種類は、主に2つあります。1つ目は、日本で最も人気のあるプラチナです。優れた耐久性を持つため、変形や変色が起こりにくく長く使い続けていくことが出来ます。加工しやすい柔軟性もあるため、細かいデザインの加工を施したブライダルリングに仕上げることも可能です。2つ目は、海外で人気のあるゴールドです。プラチナと同じような耐久性や柔軟性を持っています。さらにプラチナよりも希少価値が低いため、費用を安く抑えることが出来ます。イエローゴールドやピンクゴールドなどのカラーがあり、好みに合わせて選ぶことも可能です。
上記の2つ以外の素材として挙げられるのが、手頃な価格のシルバーです。プラチナと同じ銀白色でありながら、プラチナやゴールドに比べて希少価値が低く、リーズナブルな価格で購入することが出来ます。貴金属の中で反射率が最も高く、強い輝きを放つという特徴もあります。またシルバーの指輪は軽い付け心地であるため、指に負担をかけたくない場合にも適しています。

老舗宝飾店でブライダルリングを選ぶメリット

ブライダルリングを探すなら、老舗の宝飾店を利用するのがおすすめです。伝統的な慣習の製品を探す場合、知識や経験のあるお店を利用するメリットは大きくなります。長年の経験や知識があるスタッフがいるお店では、安心して購入することが可能です。
ブライダルリングといっても色々な種類がありますし、最近はより自由に選択する人が増えています。ブライダルリングは長く愛用するものですし、気に入ったものを選びたい方も多いのではないでしょうか。
老舗の店舗ならいろいろなアイテムを取り揃えていますし、相談しやすい雰囲気です。
パートナーとの一度だけの素敵な思い出のリングを探すなら、長年の実績があるお店を選ぶのがポイントです。最近は、ネット通販で購入できるお店も増えています。
相談をネットでしたり、メンテナンスが受けられるお店もあります。長く付き合うことになるショップですので、信頼性が高く安心感のあるショップを選ぶのが良いでしょう。

知っておくと役立つ!ブライダルリングの歴史

人生をともにすることを誓った花婿と花嫁が、ブライダルリングを交換する慣習は、9世紀まで遡るとされています。当時のローマ教皇ニコラウス1世(在位858年~867年)が結婚した際、金の指輪を花嫁に贈り、花嫁がニコラウス1世に鉄の指輪を贈ったのが最初だったようです。
それから13世紀になると欧州では花婿と花嫁の間で指輪の交換するようになり、現在のブライダルリングの交換が慣習化されたと考えられます。
結婚指輪の歴史を遡ると古代ローマにたどり着きます。
当時のローマは男性上位であったため、女性が男性に対して忠誠を誓う印として鉄の指輪を贈ったと伝えられています。
古代ローマではすでに薬指に指輪をしていましたが、これは心臓と薬指がつながっていると考えられていたのが理由です。
日本でのブライダルリングの歴史は、1904年の復職新聞に掲載された結婚指輪の広告からだとされており、戦後に定着しました。
欧州ではゴールドリングが主流を占めますが、日本ではプラチナリングが主流です。プラチナ素材のブライダルリングを選ばれているのは、日本人肌の色に合うや希少性が高い、変色変質しにくいなどが理由だと考えられています。

世界で愛されているブライダルリングブランド

結婚する時にはブライダルリングを準備するというのは、世界共通です。日本でも様々な海外ブランドの物が選ばれていますし、セレブ人気のブランドから日本独自のブランドまで幅広いです。
普段からカルティエやティファニーを愛用している方であれば、そのブランドから選んでみる党のも有りです。
ブライダルリングは婚約指輪と結婚指輪の事をまとめてさしますが、一般的にプロポーズの時に使われるのが婚約指輪です。
男性はサプライズで女性に渡すという事も多いですが、今はセットで付けたり自分の好みの物を選びたいという女性も多いので、ダイヤだけ本物を買ったり、イミテーションリングにして女性と一緒に選ぶというのも手段として取られています。
ブライダルリングブランドは沢山ありますので、好みの物を見つけていきましょう。ちなみにまとめられているサイトでも参考にする事が出来ますが、選ぶ時には必ず試着をする事を心掛けていく事をお勧めします。

ブライダルリングを選ぶ時価格以外の大切なこと

一生に一つのブライダルリング、いざ決めようとするとデザインや価格など考えなければならない事が沢山あり、迷ってしまう事が多いのではないでしょうか。
オフィシャルな場でつける機会が多く、買いなおすということもないブライダルリングは、やはりデザインやブランド、意味合いが気に入ったものを選ぶのがいいと思います。
もちろんアフターケアや店員さんの雰囲気も重要になってしまいますが、予算だけに縛られるのも違う気がします。
また、結婚生活に何に重きを置くかでも重要になります。リングはなんでもいいので豪華な旅行に行きたい人もいれば、リングに拘って家電など質素にしたい花嫁さんもいます。
婚約指輪はいらないけれど結婚指輪は欲しいという女性もいます。リングは銀を使って究極自分で作ることも可能なため、安価なものから高価なものまで幅広いのがブライダルリング。だからこそ色々な人が手に取ることができるのです。
何を大切に思っているのかお互いにすり合わせをしながら、納得のいくものを選ぶのが一番です。

ブライダルリングは自分でデザインすることもできる

結婚した男女がお揃いで着けるペアの指輪や婚約の記念に男性から女性に贈る指輪など、大切なブライダルリングは世界に1つだけのものを選びたいという人もいるのではないでしょうか。
唯一無二にこだわったブライダルリングを手に入れるには、自分でデザインするのが良いかも知れません。自らデザインを考えた指輪は、一般には売られていないものになることが期待できます。
そのようなブライダルリングを造るためにはオーダーメイドジュエリーを作ってくれるお店を利用したり、自分で工房を訪れて製作したりするのがおすすめです。
実際の指輪作りまで自分でするとなると、デザインによっては実現が難しいこともあるかもしれません。その場合でも、オーダーメイドなら可能となることがあります。
オーダーメイドでは指輪のデザイン画を作り、それからイメージを形にし実際の指輪を制作する流れとなります。他では入手出来ない指輪を作れ、結婚や婚約の良い思い出に残る品となるはずです。

ブライダルリングに関する情報サイト

新潟のブライダルリング